トップ 老人ホームネットについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ
老人ホーム探しは、まずは資料請求から!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
看護・医療体制が充実した老人ホームを探すなら

老人ホームネット介護の現場で働く > 訪問介護員(ホームヘルパー)

訪問介護員(ホームヘルパー)

訪問介護員(ホームヘルパー)の画像

ホームヘルパーは、介護が必要な障害者や高齢者の家に行き、介護サービスや家事サービスをしてあげる人のことです。
現在の日本では、高齢化社会になっており、核家族が進んできます。
親と同居をしている人は、昔に比べ、少なくなっているので、介護する家族の人手が少なくなっているのが現状です。
このような状態ですから、ホームヘルパーがとても必要になってきています。

主な仕事は、食事や排泄、入浴、通院などの身体的な介護、買い物、調理、洗濯、掃除などの家事、その他、色々な相談をします。

ホームヘルパーの働き方は色々あります。
介護が必要な家に訪問してサービスを行ったり、ショートステイ、デイケアサービス、その他の介護施設などで勤務しサービスを行うなど様々な現場があります。

ホームヘルパーは資格があります。
3・2・1級とあり、2・3級は講習と実技、実習を受ければ、試験を受けずに資格を取得することができます。
介護施設で働く場合、資格条件としてほとんどの施設で「ホームヘルパー 2級」と書かれていますので、最低2級は取得しておくといいでしょう。
1級は、2級を有していて1年以上の実務経験があれば、研修を受けることができます。
さらにレベルアップすることができます。

ホームヘルパーの資格は、行政機関や民間企業、学校法人などが講習などを行っています。
また、通信講座で講習を行い、実技と実習を行って資格を取得する方法もあります。
色々なところで資格は取得できますが、金額などは場所によって異なってきますので、前もって色々調べて受講するようにしましょう。

▼老人ホーム選びのポイント

老人ホームを選ぶにはいろいろな条件、金額などをしっかりと把握し、各施設の比較をする必要があります。
まずは、そのためにも施設の資料を取り寄せられることをオススメします。
老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、その他介護施設や有料老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国20,000件以上掲載する HOME'S介護では、各施設の資料をまとめて請求することが出来ます。もちろん請求などに関する費用は無料です。


老人ホームの資料請求が簡単

老人ホームネットについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。