トップ 老人ホームネットについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ
老人ホーム探しは、まずは資料請求から!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
看護・医療体制が充実した老人ホームを探すなら

老人ホームネット老人ホーム・介護施設の利用 > 遠距離介護・老老介護を支える

遠距離介護・老老介護を支える

遠距離介護・老老介護を支えるの画像

仕事や家族の関係で親と離れて暮らす人は多いのではないでしょうか。
親が元気なうちはいいですが、だんだん歳をとってくると色々心配になることがあります。
また、寝たきりで介護をしなければいけなくなると大変です。

まずは、寝たきりの介護状態にならないように、歳をとってきたら、前もって色々なことをしておくといいでしょう。
まずは、まめに連絡をとるようにしましょう。
帰省したときなど、かかりつけの医師や近所の人に、ときどき様子を見てもらうようにし、何かあったら連絡をもらえるように連絡先を伝えていくといいでしょう。

家などをリフォームしたりや安全に生活できるように器具をつけておくと安心できます。
火災報知機や消火器を設置、ガスコンロやストーブを電気などにする。
家の中の段差やお風呂など怪我をしやすいところは手すりをつけたり、リフォームをしたりしましょう。

介護が必要で、まめに帰省する場合は、航空会社が発行している「介護帰省パス」という割引サービスを利用する便利でしょう。
遠距離介護は交通費など金銭的にも大変ですので、利用できるサービスは最大限利用すると楽になります。

現代の介護問題で「老老介護」があります。
高齢化社会の日本では珍しくないことです。
介護が必要な老人が高齢化し、介護をする子供も高齢化してきているのです。
介護が必要な老人が認知症で、介護をしている子供も認知症という「認認介護」も出てきています。
このような状態では、適切な介護はできません。

介護は、肉体的にも精神的にも大変です。
介護で共倒れしないように周りがサポートする必要があるのです。
また、介護保険や介護サービスなどを上手く利用することも大切です。

▼老人ホーム選びのポイント

老人ホームを選ぶにはいろいろな条件、金額などをしっかりと把握し、各施設の比較をする必要があります。
まずは、そのためにも施設の資料を取り寄せられることをオススメします。
老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、その他介護施設や有料老人ホームなど、高齢者向けの施設・住宅情報を日本全国20,000件以上掲載する HOME'S介護では、各施設の資料をまとめて請求することが出来ます。もちろん請求などに関する費用は無料です。


老人ホームの資料請求が簡単

老人ホームネットについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。